スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイテムソート機能の強化と接頭語辞典のテスト

05-07,2012

画面120507a

 昨日は更新しようと思ってたらなんかいろいろあってできなかったよねっていう。

 アイテムソート機能を強化しました。上から順に、以下の通りに並ぶようになります。

・アーティファクト装備
・素材エンチャント装備
・スキル習得装備
・状態異常付与武器
・属性付与武器
・状態異常耐性装備
・物理/元素耐性装備
・レア装備品
・エンチャント装備品(接頭語が一つだけついた装備品)
・ゴミ装備(「廃品の」「壊れた」などのマイナス効果しかない接頭語のヤツ)
・普通の装備品

 ……というような感じで。上のSSをみると、だいたいそんな感じで並んでます(装備品数少なすぎてわかりにくいけど)
 テストプレイしている時に、耐性装備をつけたくても順番がバラバラすぎて探すのがダルかったり、レア装備がつけたいのにエンチャント装備が上に来て邪魔だったりと、うっとおしく思うことが結構あったので、いっそソート機能を強化したれ、と思いやりました。

 +1や+7とかの強化値がついた装備品は、各項目ごとに高い強化値のものほど上に着ます。要は炎耐性装備+1と水耐性装備+9があったら、後者が上にくるし、水耐性装備+9とスキル習得装備+1の場合は、項目順の関係で後者が上に来ます。

 といった感じで。アイテムが増えてきたら重くなったりしないかなぁという不安はありますが、その時はその時でなんか考えましょう。


画面120507b

 そして、接頭語辞典のテストをしてました。
 お借りしているスクリプトでは、接頭語名をレア度によって色分けして表記する方法がなかったので改変。それにより上のSSのようにカラフルな感じになりました。もっとも、SSにある接頭語は全部ゴミ接頭語なので正しくはこんな色ではないですが。まあそれはテストなので。

 接頭語のフレーバーテキストの他、接頭語の効果も表記するようにしてます。同じ接頭語でもどの装備部位の装備品につくかによって効果が変わるため、SSのように部位ごとの効果の記述分けができるように作ってます。

 実際には500種類以上の接頭語がずらっと並ぶことになるので、重くならないか心配ではあります。あとは、入手した装備品についた接頭語がそのタイミングで辞典に登録されるか、ですかね。正直、アイテム入手ごとに登録処理していると重くなるかもしれないし、たいして重くないとしても処理の無駄にも感じます。階段を降りた時にまとめて登録するのがよさそうかな。ダンジョンを出た時でもいいんだけど。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。