スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリゲ感想・第一回「異端のラビュリントス」

04-03,2012

暴風の関係で予想外に早く帰宅させられたこともあって時間ができたので、かねてからやろうと思っていた、これまで遊んだフリーゲームの感想記事を書くことにします。フリゲで遊ぶと同時に良い部分を自分の作品にフィードバックさせようという魂胆なのは内緒です。今言っちゃったけど。
まあそんな考えなので、ゲームシステム的に良い部分について書く感想が中心となります。人物紹介とかイントロダクション、シナリオの感想ならびにネタバレとかはほとんど触れない予定です。それを書くのは結構苦手。


と、いうわけでフリゲ感想第一回目はひきも記様「異端のラビュリントス」
bana110415.png

SSを貼った方がいいのかなと思いましたが、著作権的な問題もありそうなので貼らない方向で。
4/1のエイプリルフールに限定公開されていた……と思ったら、今はもう一般公開されていました。RPGツクールVX ACE製3Dダンジョン探索RPGです。DL先は上記のリンク先のページにありますので探して見て下さい。

【12/0405追記】●魔物の魂●気になるところを更新。スキル画面のエラー落ちは最新ver(1.02)で修正されたようです。
●ランダムダンジョンは至宝!「深遠の祭壇」


初心者の洞窟1Fのボスを倒すと、武器防具を捧げることで行ける「深遠の祭壇」に行くことができます。やっぱり探索物はランダムダンジョンだぜ……! ダンジョンは奥深くへ潜るほどマップが広くなっていく、のかな。ランダムエンカウント制ではあるものの、エンカウント率自体はそれほど高くないので、探索ゲームはとにかくさっさと次の階層へ行きたいと思う自分としては嬉しい所。宝箱から床にしかけられた様々な罠、世界樹でいうF.O.E.見たくフロア上をウロウロする強敵など、3Dダンジョン物に必要な要素は揃っているのも素敵。


●戦闘や宝箱を回避してもOK「連続攻略ボーナス」


フロアを連続で攻略(ようは階段を降り続ける)ことで「連続攻略ボーナス」を得ることができる。これにより経験値とお金、武器防具やアイテムが入手できる上に、フロアを降り続ければ降り続けるほどボーナスが高くなるので、戦闘や宝箱を回避してひたすら階段を目指すプレイスタイルもアリ。経験値が入ることでわざわざフロアをうろついて戦闘してレベルアップをしたり、宝箱を探しまわったりする必要性も薄くなるので、かなりありがたいシステムだと思う。
先述したF.O.E.を倒せばすぐに次の階層へ行けるシステムもあるので、パーティが育っているなら、もう戦闘はF.O.E.戦だけでいいかもしれない。ランダムエンカウント率を下げるアイテムも比較的入手しやすいので、マップが広くなる後半にガンガン使うのもいいでしょう。


●深遠の祭壇に捧げることで武器防具が強くなる


先程「深遠の祭壇は武器防具を捧げることで行ける」と書いたが、捧げた物はダンジョンから帰還することで取り戻すことができる上に、降りた階層に合わせてレベルがあがる。レベルがあがれば装備品の能力も上がるので、ダンジョン探索をすることで武器防具の強化も同時にできるという便利なシステム。レベルがあがった装備品をまた捧げると、レベルに比例した階層のフロアからスタートできるというある種のワープシステムのような使い方もできる。
もちろん、一度に捧げられる装備品は一つだけなので、レベルを上げるには何度もダンジョンに潜る必要こそあるが、一度のことで複数の結果を出せるシステムっていいよね。


●魔物の魂


モンスターを倒すことで、魔物の魂というアイテムが手に入ることがある。武器防具にあるスロットにはめることで、特殊な効果を持つアイテムで、これをはめた装備品を深遠の祭壇に捧げると、魂も一緒にレベルアップしていく。魂のレベルがあがるとどういうメリットがあるかは……確か説明があったハズだけど忘れた。多分なにかしらメリットがあるんだと思う。
【12/0405追記】敏捷性や魔力などのステータスが上がる魂は、レベルがあがるとステータスの上昇値が上がることを確認。それ以外の魂は不明。

ということで、モンスターとの戦闘にも魂の入手というメリットがある。とはいえ魂はドロップ率が低く、連続攻略ボーナスでももらえない(ハズ)ので、フロアをウロウロして戦闘しなくちゃ……と思われるかもしれないけど、実はフロア内に出現する宝箱のうち、赤色の宝箱を調べると(多分100%の確率で)モンスターとの戦闘が始まるので、意図的に戦うことが可能なので安心。

また、フロアにあるほら穴か何かのイベント中にキャンセルボタンを押してその場でつったっていると、魔物が襲ってきたりするので、ウロウロする必要はないので重ねて安心。こういったエネミードロップというのは、得てして不毛な魔物探し(ランダムエンカウントだと特に)になりがちですが、ゲームシステム上でその対策を施してあるのがプレイヤーに優しい。


●ゾンビの僧侶とMPの無い魔法使い


4人のパーティメンバーのうち回復役のキャラはゾンビなので、回復魔法でダメージを受けます。なんてこったい。その代わり戦闘不能になっても自力で復活してきます。わあい。魔法攻撃の要の魔法使いキャラは、クレジットというアイテムを消費することで魔法を使えますが、クレジットは一枚につき100Gなので、魔法一回ごとに100Gかかる計算。そしてクレジットは99枚の所持制限があるので、MPのような回復手段がないという。RPGにありがちな強力な魔法でゴリ押しというパターンにたいするアンチテーゼみたいな感じでユニーク。

ただ、クレジットはゲームが進むと値段が安くなる上、連続攻略ボーナスでわりと入手しやすいし、深遠の祭壇はお金稼ぎにも最適なので、ある程度ゲームが進めば使い放題できなくもない。単体魔法も全体魔法も、クレジット一枚消費するだけで使えるのは魅力的。でもクレジットを失う罠があるからダンジョンはおそろしいぜ。


●独特なスキル習得システム


説明が難しいので、詳細はオンラインプレイマニュアルスキル/魔法の習得の項を参照に。スキルポイントを消費して、隣のパネルにあるスキルを覚えるって感じかな。ストライクバッシュは誰がとっても役に立つのでオススメ。弓の状態異常スキルはアイテム消費スキルながらF.O.E.戦で便利なので覚えておくといいかも。TPが貯まりやすいムーモ用かな。


●気になるところ


弓の状態異常スキルとかのアイテム消費スキルで、残りアイテム数が表示されないので、あと何発撃てるかわかりにくいっていうのが一つ。戦闘シーンがデフォルトなのでもっさりしてるのが一つ。XPスタイルバトルが導入されていると嬉しいかも。

あと、メニュー画面から開いたスキル画面でエラー落ちすることがある……のだけど、これが再現性が無くて報告しようにもできなくて困った。落ちる原因がよくわからなくて、スキル習得をした後にメニュー画面を閉じたら落ちたこともあれば、スキル習得をせずにメニュー画面を閉じた後に落ちたり、回復系スキルを使用した後にメニュー画面を閉じたら落ちたり……。落ちない時はどれだけスキル画面を操作しても落ちないのだけど、突然落ちる。うーん、なぜだろう。
【12/0405追記】スキル画面のエラー落ちに関しては、最新ver(1.02)で修正されたようです。一時間程プレイしてみましたが、スキルを使ったりスキル習得をしても落ちることはなかったです。

ダンジョン探索中はセーブできないこともあり、連続攻略ボーナスを狙って40階ぐらい降りた後に回復スキルを使ったら落ちた時は膝から崩れ落ちたりも。再現性の無いエラーは報告し辛いからどうしたものか、もしかすると私の低スペックPCが原因かもしれないし。

【12/0405追記】ダンジョンから帰還した時のキャラ同士の掛け合いを、リプレイして見られる機能があると嬉しいかな。魔物の魂の説明をさっぱり覚えてないので、なにかしら後で確認できる手段があると嬉しい。キャラクターが魅力的なので掛け合い自体もまた見たいし。あと、装備中の武器防具についた魂の種類を確認する手段があると嬉しい。魂の数が増えてくると、このキャラが装備してる武器の魂ってどれだっけ……とかなってしまうので。



●まとめ


探索ゲームとしてはかなり痒い所に手が行き届いた丁寧なゲームシステムで、とても面白いです。キャラクターの掛け合いも面白いですし、なにより可愛らしい。上記のスキル画面のエラーだけがとても気になるところ。


以上です、読んで頂き感謝。プロデューサーはシルエットが正義!
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。