スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不意打ちだ!

05-24,2014


(不意打ちだ! クリックで拡大)

 連日時間をみつけては更新作業を続けてます。まるで何かの反動のように。
 不意打ちのシステムを作る。不意打ちは「戦闘中、特定条件を満たすとエネミーが戦闘に参加していないパーティの待機メンバーに標的を変えて襲ってくる」というものです。「交戦中の戦闘メンバーが全員戦闘不能になると、待機メンバーが何人いても敗北となりダンジョンから追い出される」というゲームルールなので、不意打ちで襲われた待機メンバーが全員戦闘不能になると当然ダンジョンから追い出されます(なんでそういうゲームルールなのかは、ゲームの舞台となるバトルホイールの闘技場ルールが幾つかダンジョン内に反映されている……という設定によるもの)

 周囲のフロア(ミニマップで確認できる範囲)に制圧フロアがあると、不意打ち発生率を減少させます。逆に、洞窟フロアがあると発生率が増加。ちゃんとフロアを制圧しながら進めていることが重要になってきますね。なお、拠点付近は不意打ち発生率が極端に下がります。ちゃんと警備の手が行き届いているというわけですかね。

 また、戦況によっても発生率が上限します。基本的にはエネミー側が劣勢なほど不意打ちを狙ってくるというもの。エネミー側に戦闘不能者が出るほど、焦りを感じて矛先を向けてくるという感じですかね。先述したゲームルールをエネミー側が熟知してハンターたちをダンジョンから追い出そうとしているのかもしれません。
 そして、現在交戦中の戦闘メンバーが劣勢なほど、不意打ちを狙わない。戦闘メンバーに戦闘不能者がいたり、あるいは瀕死やバリアブレイク、リロード中、状態異常などで劣勢の立場にいて、もう少しで倒せるのであれば不意打ちを狙わずにそのまま戦闘を継続していきます。つまりエネミー側のAI強化、と考えてもよいかもしれません。

 不意打ちを喰らった待機メンバーたちは、特定ターン経過で戦闘メンバーが駆けつけてくるまで戦闘し続ける必要があります。また、待機メンバー達はその特定ターンが経過するまで戦闘能力が減少しています。あくまで待機中の人が襲われるということで、いろいろ戦闘力が落ちるわけです。
 戦闘メンバーが駆けつけてくるまでのターン数は、戦闘メンバーたちのバトルスタイルの組み合わせで変わります。インファイト、オールラウンド、ロングレンジの三種類がバランスよく揃っていれば、不意打ちに即対応できるということで速く駆けつけることができますが、これが偏っていると足並みがそろわずに時間がかかります。
 なるべく戦闘メンバーのバトルスタイルはバランス重視でそろえる必要があります…………が、敵のスタイルブレイク攻撃でそのバランスが崩された上でタイミング悪く不意打ちされることもあるので、なかなかうまくはいかないものです。

 なお、職業「ガード」のギアッドドライブ「警戒態勢」が発動中は、不意打ち発生率を下げることができます。今後は不意打ちに対応した職業やスキルなどを出してもいいかもしれませんね。故意に不意打ちを発生させて、待機メンバーにブッ殺させるとかいう策士ノリもよさそう。

 どうもテストプレイをしていると、戦闘メンバー以外は絶対に襲われることがないという関係で装備自体無くてもいい、みたいな状態になってしまって。危険なダンジョンに潜っているわりには、戦闘メンバー以外は手ぶらでウロウロしてるとかってのもなんかアレでしたし、緊張感をもっと入れようと思って不意打ちを作りました。
 また、戦闘中にスタイルブレイク攻撃を受けても、スタイルを戻さずにゴリ押し攻撃し続けることもわりと多くてなんだかなぁ……と思ったので、バトルスタイルのバランスによる不意打ちターン数の増減、というのもそれの改善案になれば、と。さてはて、いいシステムになるといいのですが。

day140524b.jpg
(メーカーフロア制圧数を表示、クリックで拡大)

 あと、マップ画面の右側にメーカーフロアの制圧数を表示させます。
 表示される制圧数には、前回のダンジョンクリア時のメーカーフロア制圧のボーナスも含まれています。ボーナス含め制圧数が0の場合、その場所は空欄になります(邪魔になるので)。
 これを目安にすることで、フロア制圧の指針になるのではないでしょうか。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。