スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大マップとメーカーフロア

01-21,2014


(わりと予定通りに大マップ完成、クリックで拡大)

 予定は未定の言い訳くそやろうを地で行く毒屋にしては珍しく、予定通りにスクリプトが完成。これはとっても珍しいことです。

 ダンジョン内の全フロアの状態を表示する「大マップ」を作る。現在地をはじめとして、周囲のフロア状況もわかるように。ミニマップではみられる範囲に限りがあるので、これを併用して確認をしていくとよいです。

 マップ内にある装備メーカーのアイコンが表示されているフロアは「そのメーカーが支配しているフロア」で、そのフロアや周辺のフロアで戦闘が発生すると、やれメーカー所属の強力なエネミーが出現するわ戦闘中に敵の支援攻撃が飛んでくるわ、というデメリットが発生して戦闘が激化するので注意が必要です。ただしそれらのフロアを制圧すると、上記のデメリットがなくなるほか、そのメーカーのより上位のベースパーツがエンチャントでついたりとか、特殊な戦闘支援を受けられたりとか、まぁいろいろメリットがあります。


day140121b.jpg
(メーカーのフロア実装に合わせてミニマップも更新、クリックで拡大)

 ミニマップ上でもメーカーフロアのところはアイコンが表示されるように。上のSSみたいな感じで。
 先述したデメリット云々の影響は、このミニマップ上で表示されているメーカーアイコンのあるフロアのみです。なのでミニマップ外のフロアにいくつメーカーフロアがあろうが、戦闘に影響はしません。ただしメリットの方については、現状だとどこでも効果を受けられる仕様にする予定。

 なので、メーカーフロアが近くにある時は避けて通るか、メリット目当てに被害を承知で制圧しにいくか、を選んでいくことになるのでしょうね。


day140121c.jpg
(一番大きいマップサイズにおける大マップ、クリックで拡大)

 一番大きいマップサイズ(22x15)の大マップがこれ。マップが大きい程メーカーフロアの数が増えます。
 マップ上の未探索フロア(緑色)が明るいのと暗いのとの二種類ありますが、これはミニマップ上で一度でも表示されていれば明るく、されていないなら暗くするようにしてます。
 階段やメーカーフロアのアイコンは、一度でもミニマップ上で表示されていれば大マップにも表示する(そうでなければ表示しない)、それらのフロアをプレイヤーが制圧中ならば、アイコンは半透明で表示される仕様です。

 なお、SSにあるように制圧中のフロア(青色)が蛇行したルートになってます。フロアの制圧はスタート地点から地続きにする必要があり、かつ同時に二つ以上の制圧中フロアに隣接することになるフロアを新たに制圧することができず、さらに途中で枝分かれするように制圧することもできない、というルールになってます。
 なんかこの辺が、言葉にすると上手く説明できないのがにんともかんとも。なんて書くとわかりやすいんだろう……一筆書き、とかでしょうか。この辺はチュートリアル中にルートの具体例を描いた画像を見せていけばいいかな……? 

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。