スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロアを探索しようぜ!

12-28,2013


(大体完成してきたダンジョン、クリックで拡大)

 というわけでダンジョン物に変更……ということでちまちまとダンジョンのシステムを制作中。
 これまで作ってきたダンジョン物は、大雑把に言えば「1フロア内にある階段を降りていく」でしたが、今回は「複数の小さなフロアで構成されたダンジョンを探索する」といった感じのものです。たとえば横5x縦5の計25フロアで構成されたダンジョンを探索する……といった感じの。いつも作ってたのと少し違うのでやや手間取りましたが、システムはおおよそ完成といったところです。

 上のSSには画面左上にミニマップを表示。プレイヤーのいるフロア(人型のアイコンがある場所)を中心に、その周囲の20フロアが表示されています。フロアの色は、赤=進入不可フロア、緑=未探索フロア、黒=探索済みフロア、といったように分かれています。ミニマップを見れば、近くで何処を探索していないかがすぐにわかるように。あとは全体マップも用意すれば完璧ですかね?

 各フロアの端っこ部分は、隣のフロアへ通じる出入り口になっており、隣のフロアの状況によって端っこの床が光ります。SSでは緑色に床が光っており、これは隣が未探索フロアであることを意味してます。

 また、プレイヤーキャラの周囲に「隣のフロア状況を示す矢印」を表示させました。SSでは北フロアが進入不可フロアなので赤色の矢印、東西フロアは未探索なので緑色の矢印、南フロアは探索済みなので白色の矢印(ミニマップだと黒で表示されてますが、若干見づらいので矢印の色だけ白に)といったように。
 作っておいてなんですが、ミニマップがあればいらない機能っぽいかもしれないので、オプションでオンオフ切り替えできるといいかな。


 ……などとダンジョン物なら有ると便利な機能をいろいろ作ってました。
 とはいえ、一々フロアからフロアへキャラを動かして探索する……というのも面倒臭いです。たとえ常時ダッシュ状態のやななめ移動ありのシステムにしてもやっぱり面倒臭いです。ダンジョンは最大で横25x縦12の計300フロアの大きさになる予定なので、それだけのフロアを歩き続けるのは壮絶に面倒臭いです。

 なので「特定のボタンを押すと隣のフロアへ瞬時に移動する機能」を導入しています。
 現在の仕様では「キーボードのSキーを押すと、キャラクターが向いている方向にあるフロアへ移動する」ようになっています。キャラクターが上を向いていたら北フロア、右を向いていたら東フロア……といった具合に。当然、向いている方向にあるのが進入不可フロアだった場合は移動できません。
 一応、エネミーシンボルがマップ上にいる時は使用不可という制限はありますが、これでフロア探索にかかる時間が大幅に短縮されるハズです。


 さて……そろそろ正式な作品タイトルを考えなければ。ダンジョン物の伝統として「〇〇〇〇のダンジョン(〇〇中)」がいいと思うのですが、さてはてどうするか。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。