スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逝ってしまったわ、自作ループに導かれて

12-04,2013


(銃兵さんわんさわんさ、クリックで拡大)

 困ったことに銃を持ったエネミー画像っていうのは少なくて。
 和素材にはあるのだけど和素材ゆえにゲームの設定に合わなくて使えず。かといって素材を探すのも大変。ましてやマスケットあたりの時代の銃兵っぽい感じが欲しいとなると、さらに困難。

 ……というわけで、こういう場合は自作したほうが手っ取り早くなります、というのが上のSS。銃兵三体。以前の記事で書いたバトルスタイル云々により、エネミーによって後ろの方にいたり前にいたりしてます。
 クオリティをさほど気にしなければ一体一時間未満で描けるので、それほど手間もかからないといえばかからない……のだけど、これをRTPのエネミー画像と組み合わせると違和感丸出しという事実。
 少なくとも自作したエネミーと同時に出現する可能性のあるエネミーの画像もまた自作する必要があり…………などという、自作ループが発生するということも多々あり。

 特に今回作る新作だと、9つある装備品メーカーがそれぞれ闘技場のステージを所有しており、そこにはメーカーごとに専用のエネミーとボスがいる…………となれば、エネミー画像を全部描くとするとかなりの作業量に。フリゲのような個人、あるいは少数人数で作ることの多い物ではこのような自作ループに入ると時間ばかりとられて肝心の中身が一向に完成しないこともしばしば。


 昨今ではグラフィックやBGMも自作するのが尊重される空気感がなくもないですが、自作ループに潰されて死ぬことになるので程々がよろしいのです。逝ってしまったわ、自作ループに導かれて。


 でも自作するのもなかなか楽しいのよね。実際にゲーム上で動いてるところを見ると「おーッ」とか思ったり。そしてまたループへ。
 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。