スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃剣付き氷結弾頭術式ピストル

10-29,2013



 新エンチャントスクリプトの続き。
 アイテム詳細画面の背景に基本性能だのベースパーツだのの項目名を表示させるように。もっとシャレオツデザインな背景にできればええんだけど、得意じゃないので質素に、わかりやすく。

 前回の記事では仮の名前になっていたパーツによる接頭語云々のアレも、ちゃんと設定させました。銃剣付き氷結弾頭術式ピストル、あら素敵。ニャルココやなごののでは「一つの接頭語は4文字というルール」でやってましたが、もう別にいいや……ということで文字数制限突破。とはいえ接頭語名が長すぎると表示しきれなくなるのである程度の制限はいりますが。六文字ぐらいが限界かな。
 前作ではある程度接頭語名が固定されていたため、エンチャントによって、通常の白兵攻撃スキルがどんなのになってるか……とかが分かり辛かった(ので、ヘルプウィンドウにスキル名を表示させる必要に迫られたわけ)ですが、今回のように接頭語名である程度スキルの察しがつくほうがよさげですね。というか、装備名としてなんだかかっこええし。


 ちなみに。
 元がVX用として配布されていた武器強化スクリプトを魔改造に次ぐ魔改造で新機能つけたしたりACE移植をやったりなんぞしておりましたが、今回の新スクリプトではエンチャントでつくパーツやランダムオーダーを選定するスクリプトと、実際にエンチャントの処理を行うスクリプトを別々にして作ってます。あくまで内部処理の話なので、実際にプレイする上では特に違いは感じないとは思いますが。

 これを別々にすると何が楽かというと、チェックしたいパーツの装備をすぐに生成できることがよかとです。前回はチェックする場合はスクリプトをある程度いじったりコメントアウトしたりする必要があったので、これはとても楽。テストプレイも楽なのさ。
 で、パーツ生成が容易になると、既にエンチャントのついた装備品がショップに並ぶといったこともできますね。Elonaとか変愚蛮怒とかにもエンチャントついた装備が並んでたりしてましたよね、確か。あんな感じで。

 とはいえショップを作るかは未定として、レンタル装備屋を作る予定はあります。
 前作では商人アメリアに捧げるて装備品の出現率をアップさせる用途に使っていた、エンチャントのついてない白武器を、このレンタル装備屋に並んでる武器と交換して貰う……といった感じの。レンタルなので時間が経つと没収されます。
 レンタル装備はゲームに登場する各メーカーの宣伝目的としても使われているので、高いランクのパーツがつきやすい…………が、パーツは全て同じメーカーの物しかつかない(プロモだし)し、パーツボーナスはつくがランダムオーダーはつかない。といった仕様で。

 序盤の装備品が揃っていない時期には重宝しそうな感じです。また、以前の記事に書いた通り、高ランクのパーツは特定のスキルを習得しないと出現しないという仕様ですが、レンタル装備の場合はそれに左右されることなく高ランクのパーツがつくように(だってプロモですし)。
 これは、レンタル装備に良いパーツがついていれば、それを目標にしてスキルを習得するという指標にもなったりしてよいかな、と。どんなパーツがつくのかわからないままスキルを習得していくよりも、サンプルを見て判断できたほうが色々いいでしょう、きっと。上のSSにもあるようにパーツの企業アイコンの左下にパーツランクを表示するようにしたのもその辺の理由が一つですし。

 
 あとは「装備している武器のパーツ構成を一部保持したまま、各パーツのクオリティを振りなおした装備を入手するスキル」とかも作れますね。いいパーツ構成だけどクオリティがイマイチ……という装備もこのスキルを使えば……なんてことも。


 それと、今回から「一定以下の総クオリティ(または総ランク数)の装備を宝箱から入手時に、自動的に売却する機能」とかもつける予定です。ランダムエンチャントシステムのあるゲームでは、不要な装備の山をどうするか、という問題に悩まされやすいですし。変愚蛮怒だとマクロで自動的にアイテムを破壊するとかありましたね。

 
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。