スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた瞬殺さん

06-23,2013


(瞬殺が帰ってきた! クリックで拡大)

 はい、ということでバトルホイールに、ニャルココやなごののより瞬殺システムが帰ってきました。とある仕様で引っかかって、実装できずに放置していたシステムでございます。名前は……なんだろう、ギアッドキルとかでいいかな、もう。

 ギアッドキルは「条件を満たした場合に、接触したエネミーシンボルを戦闘に入らずにその場で一瞬にして倒す」といったシステムです。ええ、もう即瞬殺するわけですよ。

【ギアッドキルの仕様について】
・そのバトルホイールにおいて、これまでの到達難易度が100以上であること。
 通常のバトルホイールで到達難易度が100以上の場合、その通常のバトルホイールでは瞬殺の条件を満たしますが、もしレギュレーション戦のメカニガルドホイールでは到達難易度が100未満だという場合、瞬殺の条件を満たしません。それぞれのバトルホイールで、到達難易度を100以上達成しておく必要があります。

・現在の難易度がこれまでの到達難易度の一定値よりも下である時。
 これまでの到達難易度が高ければ高いほど、現在の難易度による瞬殺条件を満たしやすくなります。ただし、ラウンドが進むとその一定値の条件が上がり、瞬殺の条件を満たしにくくなります。
 「以前のラウンドでは難易度50の状態で瞬殺の発動条件を満たしていたのに、次のラウンドに入った途端に条件を満たさなくなっていた……」ということが起こりうるわけです。宝箱を開けて難易度を上昇させた場合も、瞬殺の条件を満たさなくなることがあります。
 なお、ファイナルラウンドでは絶対に瞬殺は発動しません。

・上記の到達難易度の一定値よりも下である時では、画面右上の難易度の欄のアイコンと数値の色が変わる。
 上のSSを見るとわかるように、画面右上の難易度のアイコンが水色に、難易度の数値が緑色になっています。この状態ですと、少なくとも到達難易度の一定値より下という条件は満たしているということになります。

・ギアッドシンボル、ボスエネミーシンボルが近くにいる時は瞬殺が発動しない
 これらのシンボル付近での戦闘は、瞬殺の条件を満たしている場合でも発動しません。

・バリアブレイク状態の味方がいる場合、その人数に比例して瞬殺発動率が下がる
 味方全員がバリアブレイク状態だと、絶対に瞬殺は発動しません。

・瞬殺でエネミーを倒した場合でもギアッドステップは発動するが、得られるギアッドステップの値は減る
 また、瞬殺で倒したエネミーはスコアに加算されず、経験値やお金も得られない。しかし、付近にミミックがいた場合に得られるギアッドステップの値が減るペナルティの影響を受けないというメリットがある。

・ギアッドステップ中は、絶対に瞬殺が発動しない
 また、ウェイストキングのギアッドドライブ使用中に戦闘に勝利して得られる消耗品アイテムや、ギアッドフォーチュンを得ることができない。


 大体こんな感じでしょうか。(これまでの到達難易度と比較しての)低難易度時に戦闘を省略できることでよりサクサクッとバトルホイールをクリアしやすくなりますが、一方で瞬殺でエネミーを倒してもスコアが加算されないので、若干スコアが伸び辛くなるかもしれません。ニャルココやなごのののと比べると、一長一短ある瞬殺システムになっているかと思います。


day130622b.jpg

 あと、ギアッドベットがイマイチなスキルだったということもあり、
 「スキル使用時にその時点でのギアッドフォーチュン数を2倍にし、更にスキル使用後の戦闘で勝利した際に、現在のラウンド数分だけミミック避けのコインを得られる」という仕様を追加してます。
 スキルを使うメリットがスコアだけ、というのもデメリットのわりにはイマイチ薄いのでこういう形にしてみました。これで使用頻度が少しは増えるかな。


 上記の仕様とその他の不具合修正をしたver.1.081を、早ければ明日にでも公開できればなぁ、と。新イベント戦「アヴォープレーンホイール」は今しばらくお待ちください。


 ここからは余談。
 なぜ、この瞬殺システムの実装を見送っていたかというと、主にスプライト処理の関係だったりします。

 どうも、イベントに対してフキダシやアニメーションを表示した状態で、画面外にイベントを飛ばすorプレイヤーキャラを画面外に移動する、などをすると、フキダシやアニメーションの一部が画面に残ってしまうという現象が発生してしまい、それがどうにも解決できない上に自作ゲームフェスの締切が間近であるということで、仕方なく放置してしまった次第です。そして、放置したまま忘れていました。これはひどい。

 これ、ギアッドワープの時にも同じ現象が起きてました。この時はイベントを対象にアニメーション(宝箱開封時に表示される光のエフェクトなど)を表示させた時にすぐにギアッドワープを使うと、そのアニメーションが画面上に残ってしまうというもの。
 スプライトの処理は詳しくないため、仕方なくイベントではなくプレイヤーキャラを対象にしてアニメーションを表示させることで事なきを得ました。なので、闘技場上で表示されるアニメーションは全部プレイヤーを対象に表示させてます、ミミックをパンチで殴るエフェクトも、処理上はプレイヤー自身を殴ってることになります。セルフマゾ!


 で、ギアッドワープはそれで解決したのですが、フキダシに関してはどうにもならんというわけで。フキダシが消える前にイベントを飛ばすとフキダシが残り、かといってフキダシが消えた後でイベントを飛ばす方法だとウェイトが長くてテンポが悪い。はてさて、どうしたものか。

 結局のところ、瞬殺発動時はフキダシを一切表示しないという方向で落ち着きました。そんなにスクリプトに詳しいわけでもないし、それなら単純に根本を断ってしまえばいいんですよ、もう。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • コメント:
  • password:
  • 非公開コメント:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。