スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃剣付き氷結弾頭術式ピストル

10-29,2013



 新エンチャントスクリプトの続き。
 アイテム詳細画面の背景に基本性能だのベースパーツだのの項目名を表示させるように。もっとシャレオツデザインな背景にできればええんだけど、得意じゃないので質素に、わかりやすく。

 前回の記事では仮の名前になっていたパーツによる接頭語云々のアレも、ちゃんと設定させました。銃剣付き氷結弾頭術式ピストル、あら素敵。ニャルココやなごののでは「一つの接頭語は4文字というルール」でやってましたが、もう別にいいや……ということで文字数制限突破。とはいえ接頭語名が長すぎると表示しきれなくなるのである程度の制限はいりますが。六文字ぐらいが限界かな。
 前作ではある程度接頭語名が固定されていたため、エンチャントによって、通常の白兵攻撃スキルがどんなのになってるか……とかが分かり辛かった(ので、ヘルプウィンドウにスキル名を表示させる必要に迫られたわけ)ですが、今回のように接頭語名である程度スキルの察しがつくほうがよさげですね。というか、装備名としてなんだかかっこええし。


 ちなみに。
 元がVX用として配布されていた武器強化スクリプトを魔改造に次ぐ魔改造で新機能つけたしたりACE移植をやったりなんぞしておりましたが、今回の新スクリプトではエンチャントでつくパーツやランダムオーダーを選定するスクリプトと、実際にエンチャントの処理を行うスクリプトを別々にして作ってます。あくまで内部処理の話なので、実際にプレイする上では特に違いは感じないとは思いますが。

 これを別々にすると何が楽かというと、チェックしたいパーツの装備をすぐに生成できることがよかとです。前回はチェックする場合はスクリプトをある程度いじったりコメントアウトしたりする必要があったので、これはとても楽。テストプレイも楽なのさ。
 で、パーツ生成が容易になると、既にエンチャントのついた装備品がショップに並ぶといったこともできますね。Elonaとか変愚蛮怒とかにもエンチャントついた装備が並んでたりしてましたよね、確か。あんな感じで。

 とはいえショップを作るかは未定として、レンタル装備屋を作る予定はあります。
 前作では商人アメリアに捧げるて装備品の出現率をアップさせる用途に使っていた、エンチャントのついてない白武器を、このレンタル装備屋に並んでる武器と交換して貰う……といった感じの。レンタルなので時間が経つと没収されます。
 レンタル装備はゲームに登場する各メーカーの宣伝目的としても使われているので、高いランクのパーツがつきやすい…………が、パーツは全て同じメーカーの物しかつかない(プロモだし)し、パーツボーナスはつくがランダムオーダーはつかない。といった仕様で。

 序盤の装備品が揃っていない時期には重宝しそうな感じです。また、以前の記事に書いた通り、高ランクのパーツは特定のスキルを習得しないと出現しないという仕様ですが、レンタル装備の場合はそれに左右されることなく高ランクのパーツがつくように(だってプロモですし)。
 これは、レンタル装備に良いパーツがついていれば、それを目標にしてスキルを習得するという指標にもなったりしてよいかな、と。どんなパーツがつくのかわからないままスキルを習得していくよりも、サンプルを見て判断できたほうが色々いいでしょう、きっと。上のSSにもあるようにパーツの企業アイコンの左下にパーツランクを表示するようにしたのもその辺の理由が一つですし。

 
 あとは「装備している武器のパーツ構成を一部保持したまま、各パーツのクオリティを振りなおした装備を入手するスキル」とかも作れますね。いいパーツ構成だけどクオリティがイマイチ……という装備もこのスキルを使えば……なんてことも。


 それと、今回から「一定以下の総クオリティ(または総ランク数)の装備を宝箱から入手時に、自動的に売却する機能」とかもつける予定です。ランダムエンチャントシステムのあるゲームでは、不要な装備の山をどうするか、という問題に悩まされやすいですし。変愚蛮怒だとマクロで自動的にアイテムを破壊するとかありましたね。

 
スポンサーサイト

淫乱ランダムエンチャント奴隷

10-25,2013



 はい、お久しぶりですね。淫乱操虫棍奴隷です。ええ、モンハン4とかしてました。



 ニコニコ自作ゲームフェス2公式によると、本日、受賞の連絡が届くとのことで。今回も敢闘賞はあるそうで、それらの連絡は28日に。どんな作品が受賞になるのか楽しみですね。一応授賞式はシフト予約しました。


 それはさておき。
 フェス3があったら投稿したいと思っているバトルグレイヴ(仮)。ようやっと新エンチャントスクリプトが形になりました。上のSSがそれ。

 前作までの基本性能、エンチャントパーツ、パーツボーナスに加えてランダムオーダーという新要素も追加されるので、ちょっと画面に情報量が多いですね。どれがどれやらぱっと見では分かり辛いので、ウィンドウの背景画像でそれがどれとなくわかるようなデザインの画像を表示させておきますか。

 以前の記事でも新システムの話はしてましたが、そちらでは書いてない前作からの変更点として、パーツによって装備品の接頭語が変わるようになります。
 前作では接頭語によってつくパーツがある程度変わる、といったシステムになってましたが、今作ではパーツAとパーツBそれぞれに接頭語が用意されて、それらがくっついた物が装備品の接頭語になります(SSではテスト用の名前なのでアレですが)。旧作のニャルココやなごののでのシステムに戻った、という方が正しい感じでしょうか。

 もう一つは、ステータス増幅。
 SS下記にある「銃身の改良」の項目の効果に「*火器威力*+5%」というのがあります。これもニャルココやなごののであったシステムですが、そのステータスを指定した%の値で増幅する……といったものです。
 例えば、エンチャントパーツやパーツボーナスもろもろで火器威力が500になった武器に*火器威力*+5%の効果がつけば、500を5%増幅で525になります。*火器威力*+50%*ならば750になりますね。

 ステータス増幅効果を持つのはランダムオーダーでつく物のみです。ランダム、なだけに希望のオーダーがつくとは限りませんが、高性能の装備にこの増幅効果がつけば、より優れた装備品になるでしょう。やったね!


 これから各種パーツの設定を一個ずつやらなきゃならんので作業は膨大にありますが、ひとまず形が出来ればだいぶ気分が楽になる。それもこれも自分好みの変態的なランダムエンチャントシステムを作るため、頑張ろう。まるで淫乱ランダムエンチャント奴隷ですね。

 

各装備メーカーのロゴを作るよ!

10-10,2013

メーカーロゴ集
(バトルグレイヴ(仮)用の装備メーカーロゴ。クリックで拡大)

IconSet_makericons.png
(各メーカーのゲーム中のアイコン)

 はい、そういったわけで。
 いつまでも新作の名前を決めてないとアレなので、ひとまずは「バトルグレイヴ(仮)」とつけておきます。記事のカテゴリ名も、それに合わせて変更しています。


 それはさておき。
 バトルグレイブ(仮)の舞台である天影世界に存在する装備メーカーのロゴを作っていました。バトルホイールから引き続き続投が7社、新規参加が2社。メーカー名やアイコンが一部変わったところもありますね。
 普段、厚塗り中心で絵を描いてるせいもあって、こういったデザイン技術が要求されるロゴ制作は苦手です。シンプルで洗練されたデザインを作るのは本当に難しい。

 以下、簡単なメーカー紹介

●メカニガルド帝国工房
 銃火器大手メーカー。火器威力と火器命中率の高い銃火器が魅力。また、火器威力と銃撃耐性のつく防具パーツも作っている。火器に特化したいならここ。ただし、リロード時間が長めなのが欠点。

●ヘレイゼン・フリート工房
 属性砲をはじめとして、属性攻撃能力をもったパーツの製造に長けたメーカー。また、多くのパーツで一定量のバリアポイントを得ることが出来る。バリア発生器の性能も非常に高い。

●ミレイネベルクズ・ブラックスミス
 防御技術とHPの増加が高い装備、そして優秀な機械槍をつくるメーカー。
 このメーカーのパーツは基本的にパーツランクが高い物が常に上位互換になる、という性能になっている。ランク1のパーツよりランク3が、ランク3よりランク6が、ランク6よりランク9のパーツが、必ず性能が高くなる、ということ。特定のランクのパーツに特殊な能力がつく(例えばメカニガルド帝国工房ではランクによって特殊銃身、リロード機構、狙撃用スコープなどの多様なパーツがつく)……といったことが起こりえない。
 ランクが高いパーツを集めればいいというわかりやすさの反面、多様性に欠けるという欠点もある。

●マオレン商業自治国鍛冶ギルド「虎の火口」
 白兵威力と白兵命中率に長けた白兵パーツを製造する、白兵特化メーカー。銃火器のパーツはあまり得意ではないようだ。

●マオレン商業自治国鍛冶ギルド「龍の洞穴」
 伝統の技術で優秀な防具をつくるメーカー。属性耐性の高いパーツを多く製造する。ギルド自体が非常に大きいため、多くの武器防具で数多くのパーツを製造している。

●カルコルム港鍛冶組合
 状態異常攻撃能力を持つパーツの製造に長けたメーカー。性能の良い機械弓を作ることでも有名。

●フェアリーズ☆ハンマー
 ばかやろう集団。

●サウスウェイストランド・デッドコピー
 バトルグレイヴ(仮)からの新規参加メーカーその1。
 他者製パーツのデッドコピー(複製品)を作る無法者メーカー。バトルグレイヴ(仮)ではスキルを習得することで各メーカーのパーツの出現数/出現率を変えることができるが、このメーカーに関連するスキルを最大限まで上げれば、全てのメーカーのパーツがつく可能性がある。ただし、それらは全てデッドコピー品なので性能が低くなる。

●ゼロワン・ラボ
 バトルグレイヴ(仮)からの新規参加メーカーその2。
 最も文明・技術が進んだ異界出身の博士の研究所。バトルグレイヴ(仮)から登場する(予定の)新規武器の製造を中心としている。ゴーレム技術の研究でも有名。
 

 とりあえずこんな感じで。
 ロゴとアイコンができたので、これで心置きなくランダムエンチャントスクリプトの改良ができますね。わぁい。

戦闘スタイルの概念を導入するのです

10-03,2013



 だいぶ間が空きましたがボチボチ作ってます。
 戦闘画面関係を少しいじる。プレイヤーキャラのステートアイコンを二列並びで最大10まで表示するように。これで大分把握がしやすいかな。

 エネミーの配置も変更。前作はランダムで配置される関係で見切れるエネミーが出たりもしましたが、今回は一定の間隔で並ぶようにしたので見切れることもなく。ただ見た目がちっと単調かな、とは思います。

 あと、「戦闘スタイルの概念」を導入してます。
 これは、世界樹シリーズとか巡り回る。とかであるような隊列システムに似てるようでなんか違うモノです。

 スタイルは、近距離で戦う「インファイト」、中距離で戦う「オールラウンド」、遠距離で戦う「アウトレンジ」の三種類。
 例えばインファイト状態のキャラクターは「白兵攻撃時にダメージボーナス」がつき、「攻撃対象がインファイト状態だと更にダメージボーナス」がつく、といったような感じ。
 ただ、キャラクターがアウトレンジの場合だとダメージが下がり、攻撃対象もアウトレンジだと更にダメージが下がる……といったこともあったり。
 ライフルなどの小銃系の攻撃はアウトレンジだと威力が上がる……とか。狙撃系の攻撃スキルは使用者がアウトレンジ状態じゃないと使えず、攻撃対象がインファイトだとダメージが下がる……とか。攻撃後にスタイルが変わったり、攻撃を命中した相手のスタイルを変える……とか。いろいろと可能性が広がりそうな感じはします。

 ただ、スタイルによって命中/回避率が増減する、というのはどうしようかな、と思います。RPGの戦闘で攻撃が当たらないのってグダりますし。


 先述したゲーム作品のような前/後または前/中/後列の隊列システムではないのは、FPS的なノリを入れたかったというのもあり。前列がいなくなると後列が前に出る(または前列にいることとして扱われる)というのもいいのですが、FPSのような純粋な距離感というのも好きで。
 でもフロントビューでFPS的な距離感のシステム導入もなっかなか上手くいかず。はてさてどうしたものか…………といったところで、戦闘スタイルとして導入をしてみました。

 インファイト系はとにかく間を詰めるよう動く、アウトレンジはとにかく間を空けて動く、オールラウンドはどちらにも対応できるように動く……といった感じだとご理解いただければ幸いです。

 なお、上のSSだとわかりにくいですが、エネミーは戦闘スタイルによって立ち位置が変わります。SSでは、球磨……じゃなかた、クマがインファイト、クモがオールラウンド、ハチがアウトレンジ状態です。もしも戦闘中にスタイルが変われば、前に出たり後ろに下がったりするように表示されます。なので、前作よりも画面上の動きがおおくなって見た目楽しげかな……と思うけれど、どうだろう?

 ただ不具合の確認はこれからですし、プレイヤーキャラもスタイルによって顔グラが上下するようにしたいので、まだまだやることは大井……じゃなくて、多いですね。はい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。