スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンジョンの状況を指差し確認!

08-29,2012

画面120828a
(ダンジョンの現在状況をチェック、クリックすると拡大)

 ツイッターをやっている方ならご存知の方もいるかと思いますが、先日「ゾンビサバイバル」というツイッターの診断メーカーをつかったゲームをやっていまして。
 簡単に言えば「HPと食料を100ずつある状態で、ゾンビの溢れかえる世界でサバイバルするゲーム」です。1日1回ずつイベントを発生させて、ゾンビと戦ったり探索したり仲間を見つけたりするわけです。ゲームブックに近いイメージがあるかもしれません。

 で、私もつい先日、58日間にも渡る長いサバイバルを続けた結果、ついにクリアしました。といっても、途中で力尽きて倒れてしまったというBADENDなわけですが。うん、残念。ちゃんとクリアできなかったのも残念ですが、死因がゾンビと戦った末の戦死とかいうカッコイイものじゃなくて……「腐った食料を食べて腹痛になったダメージで死亡」という切ないものでした。ダメージ自体は4と低いのに、その時のHPは2と瀕死状態だったので、悲しいかな致命傷でした。恐らくunk漏らしながら死んだのだなぁと思うとやるせないね。うん。


 それはさておき。「ダンジョンの状況をチェックするシステム」を作ってます。
 上と下のSSを見ていただければどんなものかわかるかと思いますが、現在のダンジョンを取り巻く環境、陣形や行軍などのスキルの使用状況、といったものをわかりやすくチェックできるシステムです。
 十字キー(キーボードだと上下左右のカーソル)でページをめくったり情報を切り替えたりできます。


画面120828b

 こっちは鬼修羅とか装備品のアレソレとか、フィールドとかの情報。
 特にフィールドは現在のverだと「フィールドがどんな効果か表示されるのが発生した時だけで、それ以降に確認する手段が無い」(右上にフィールドのアイコンは表示されるものの、アイコンだけじゃわからないよね)という、非常に不親切極まる状態だったので、それは不味いだろうと思い実装しました。

 ウィンドウとシーンの作り方を覚える必要があったので最初は敬遠してましたが、ステータスウィンドウ/シーンを改変しながら作ったら意外とあっさりできました。ハンドラの使い方も理解できたし、やってみるもんだ。うん。


 現在作ってあるのは上の2画面だけですが、これに「カーゴの兵器や施設の状況」「操作方法」などをチェックできるようにする予定です。「ゲームシステムや用語の説明」とかもあったら便利かなぁと思ってます。
 

画面120828c

 こちらは前回の記事で書いたオートDPスキル機能の続報。
 前回と違うのは「オートDPスキル機能の使用」という項目が増えてます。これは「オート機能そのものを使うか使わないかの設定」ができるものです。他の項目よりも優先順位が高いので、こちらを【無効】にすれば、他の項目も全て【無効】と判断してスルーします。

 「この階層からはトレハンしたいのでオート機能を無効にしたいが、そのために【有効】にした項目をいちいち【無効】に切り替えていくのは正直ダルい。設定は保存したままでオート機能をオフにしたいんですけど!」という場合に役立つと思います。
 というかあれほど便利機能とうたってたのに、こういうオート機能自体をオフにする機能が無いっていうのは結構不便でしたね。これで使い易くなると思います。多分。

 
スポンサーサイト

拍手返答(12/08/28)

08-28,2012

>名状しがたき村様

 コメントありがとうございます。
 前回に続いてSAN値が減りそうな村名が続いていますね、早速1D100で振ってみましょう。ゴロゴロ……100!

 新しいシステムの製作が若干難航しておりますが、できるだけ近日中に公開できればなぁと思っております。なので、何かに取り込まれるのを必至に抵抗しながら、パッチの完成をお待ち頂ければと思います。あと残暑とはいえ服も着ていきましょう積極的に……!

オートDPスキル機能で探索効率を上げよう!

08-24,2012

画面120824a
(クリックすると拡大)

 「オートDPスキル機能を設定できるシステム」を作ってます。
 簡単に言えば「一部のDPスキルをDPが貯まったら自動的に使用してくれる機能」です。ダンジョン手帳から設定できるようになります。

 今現在、設定できるようにしてるのは5項目。探索で使用頻度が高いものを中心にしてるので、繰り返しダンジョン探索をする中で何度も何度も手帳を開いてDPスキルを使用する手間がはぶけます。

・武器/宝石の強化Lv上昇オート使用
 刀+1とかアメジスト+3とか、そういった強化装備が拾えるようになるスキルを、スキル使用条件を満たしたら勝手に使ってくれる設定です。高品質なベースアイテムを求めている時に【有効】にしていると便利です。
 なお、このスキルは使用変更により「DP最大容量の4/5のDPを消費する」ようになってます。


・冒険者Lvの上昇スキルオート使用
 以前は「DP最大容量の拡張」とかいうスキル名でしたが、名前を変えて「冒険者Lvの上昇」というスキル名にしてます……して…ます…………が、これってキャラクターのLvとごっちゃになりそうだなぁと今思ったので、実装した時には多分違う名前になってるでしょう。
 DPが容量一杯になったら自動的に使ってくれるようになります。


・ボス階層へワープオート使用
 ボス階層へワープのスキルは頻繁に使うと思うので、これも自動で使うように。


・ボス階層へワープ・改を優先
 100、200、300……と、「100階層ごとのボス階層へワープする「~改」スキルが使用条件を満たしている時、普通のワープスキルを使わずにこちらを優先する」特殊な機能です。普通のワープはDP5、ワープ・改はDP10消費ですが、この項目が【有効】になっていると「ワープ改の使用条件を満たしているならばDPが5以上あっても普通のワープは無視される」ようになります。

 ちなみにその使用条件というのを満たすには「ワープしたいボス階層数+100のボス階層に到着済みである」必要があります(地下100階層へワープしたい場合は地下200階層へ到達済みであること、地下300階層なら400、という感じで)

 なお、上の「ボス階層へワープオート使用」が【無効】だと、この項目は全く機能しません。
 

・鬼修羅発動可能時ワープ使用禁止
 前回の記事で書いた「鬼修羅が発動可能な状態の時、ボス階層へワープ(ワープ改も含む)を使用禁止にする」という項目です。

 鬼修羅は発動までに待機時間があり「発動するごとに待機時間の最大値が+1されていく仕様」ですが、ボス階層のボスを撃破すると自動的に待機時間を0にしてくれます(あくまで待機時間が0になるだけで、待機時間の最大値が減るわけではないですが)。なので「鬼修羅発動→ボス階層へワープ→ボス撃破で待機時間0に→鬼修羅発動」という作戦を取りたい人は是非この項目を【有効】にするといいでしょう。

 なお、鬼修羅発動時にもDPが貯まってさえいれば、即ワープを使ってくれます(最も、ボス階層へワープオート使用を【有効】にしている場合に限りますが)


画面120824b

 だいたいこんな感じで設定していきます。
 選択中の項目(上のSSだと鬼修羅云々ですね)が黄色く光っていますね。

 
 ……といった感じで探索効率が上がるようなシステムを製作中です。鬼修羅とこれとあとひとつ作りかけのあるシステムが完成したらパッチ配布したいですね。

 

みんなで鬼修羅!

08-23,2012

画面120822a
(みんなでオニシュラ。クリックすると拡大)

 ニャルココ、なごののに共通する問題点として「レベルが上がりにくい」というのがあります。
 エネミーを倒した時に得られる経験値がエネミーランク依存であるため、たくさんの経験値を得るには高ランクの敵を倒さなくてはならない→でもレベルが上がりにくいから倒しづらい→倒しづらいからなるべくランク上げたくない→ランク上げずに戦うから経験値少ない→レベルが上がりにくい……といううんこみたいな悪循環。

 エネミーランクを上げないこと自体は、後々のボス階層戦を考慮すれば重要な戦略の一つではあるのですが、とはいえそれだと基本的に敵から逃げ回る探索になってしまうという。もっとなんか、気軽に敵をぶっ殺りーする手段があるといいよね……欲を言えば経験値やお金も稼げるとなお良し、という。「瞬殺」はあくまでもさくさくっと戦闘カットするシステムなので、経験値やお金効率はむしろ悪くなりますし。


 ……というわけで気軽に敵をぶっ殺りーするシステム作りました。その名を「鬼修羅」と言います。ダンジョン探索中にこの鬼修羅が発動すると、戦闘面に関して尋常ならざる力が宿ります。わぁい。


 ……説明がやたら長くなったので記事を折りたたみます。
 
Read more...

拍手返答(12/08/22)

08-22,2012

>ニャルラト村様
 拍手コメントありがとうございます、1D100のダイス振ります(コロコロ……100!)

 今はなごのの村のパッチ製作を続けていますが、こちらでダンジョンのシステムが完成すればニャルココ村の完成も近づくので、頑張りたいと思います。今しばらく正座が続いてしまうやもしれませんが、なにとぞお待ち頂ければと思います……!

和ぁい、和素材ちゃんと冒険したい

08-15,2012

画面120815a
(和ぁい、クリックすると拡大)

 せっかくキャラクリ機能やグラ差し替え機能をとってつけたので、エトリエ和祭企画のマスコット的存在の和素材ちゃんと冒険したいとか思ったりして、顔グラを描いてたりしました。なごののに出てくるリクドウ指導官とユリカもセットで。和ぁい顔グラに統一性が無い。

 「和素材ちゃんと行くなごのの村のダンジョンツアー」みたいなノリで、ゲーム紹介風の冒険日記とかやってみたいですねって思ったりしたけどそれよりゲーム製作の続きもやろうねって言われるとそれまでだったりします。
 なごののの製作が進むとニャルココの製作も進むがゆえ、なるべく製作を続けたほうが結果的にはよいわけですが。なごののも、ゲームシステムのわかりづらい部分が多々あるのでその辺もしっかり作りたいですね。フィールド効果や現在のカーゴ兵器の状態とか、そういうのをパッと確認する手段が無いので、その辺を埋めていきたい所。

 どうしても1人で作っていると、製作者側なら分かることでもプレイヤー側だと分からない部分に気づかないことが多々あります。つまりは視点の違いによる落とし穴。ひたすら作って自分でテストプレイしてるだけだと、びっくりするぐらいにこの落とし穴に気づかないことが本当に多くて多くて。
 やはり1人でモソモソ作ってるだけだとなかなか良い作品にはならないなぁ……と。当たり前といえば当たり前のことながら、落とし穴に気づく度に実感させられるものです。


 さて。
 職業とサブクラスの組み合わせによる「複合スキル」の製作も続けてます。3/4ぐらい埋まったかな……多分。もう少し、もう少しで……。

・新たに出来た複合スキルの一例
・侍―白道士の場合
「能力:不屈の魂」(パッシブスキル。戦闘不能時、25%の確率で復活)
「冥府への先陣の誉」(全体回復魔法。敵味方の戦闘不能者が多いほど回復量にボーナス)
・忍者―武僧の場合
「能力:忍者の魂」(パッシブスキル。即死耐性+75%)
「修羅忍術・豪王炎龍」(忍者の魔法スキル「火遁」の全体攻撃版)
・法術士―鷹匠の場合
「雷電姉妹の法術」(雷電鳥召喚中ステート時のみ使用可。法術士の魔法スキル「雷電の法術」の2回連続攻撃版)
「調教:属性鳥の極意」(パッシブスキル。ペットの属性鳥の威力にボーナス)
・呪詛師―軍配者の場合
「肉壊の呪詛」(3ターンの間、敵単体に魔法dmg-50%、物理dmg+50%するステート付加+100%)
「地界短縮の陣」(陣形スキル。フィールド効果の発生時間を1/2に減らす)


 上にもありますが「特定のステート時のみ使用可能なスキル」をスクリプトで作りました。以前作ろうとして挫折して放置したスクリプトですが、じっくり既存のスクリプトとにらめっこしたら、意外と簡単に作れた。成長したと見るべきか、以前の私が節穴だったと見るべきか。ううむ。

 

エトリエ和祭開催!

08-10,2012

画面120810a
(武士や侍が使うと言っておるのに騎士の刀とはこれいかに。クリックで拡大)

 今年も東京の夏のイベントには参加できないのであります。一度は行ってみたいものです。

wa_minibanner.jpg

 さて、だいぶ遅くなりましたが、エトリエ様主催のツクール企画「エトリエ和祭」が公開されています。
 私、毒屋群青も「なごのの村のダンジョン(審査中)」という作品で参加しております。

 なごのの自体のバージョンアップ作業は今も続けていて、こちらのページでパッチも配布してます(12/08/10現在、Ver.1.12配布中)
 エトリエ和祭公式サイトでは感想フォームも用意されていますので、もし和祭参加作品をプレイされた皆様は、是非感想を送って見てはいかがでしょうか。なごののの感想も貰えたら、それはとってもうれしいなって。

 なごのの自体のゲーム目標は「地下100階層のボス階層を突破すること」で、これをクリアすれば一応のストーリーは完結です。良質なランダムエンチャントの装備品を引けるか、ボス戦の敵配置に恵まれるか、いろいろと運が絡む要素もあると思いますが、おおよそ1~2時間ぐらいでクリアできると思います。


 とはいえ、あくまでもストーリーが完結しているだけで、それ以降も引き続きダンジョンの探索が可能になってます。特に最大階層は設定して無いので、潜ろうと思えば地下1000階以降もいけると思います。とはいえ潜り続けるにつれてエネミーのランクは上がってどんどん凶悪化していくし、そもそも私自身そこまで行ったことないですが。

 それはさておき。
 最初のSSとこの下のSS。よく見ると「侍が忍者専用防具の忍装束を装備していたり、忍者のパッシブスキルを習得していたり」してます。

画面120810b


 これは地下100階層を突破してストーリーを完結させると解禁される「職業とサブクラスの設定」機能によるものです。SSの場合は「メインの職業を侍、サブクラスを忍者」にしていて、サブクラスに設定した職業の装備可能な装備や習得可能なスキルを身につけることが可能になっています。ただし、スキル習得に必要なLvはサブクラスだと2倍必要になるというデメリットはありますが。

 現在はあくまでもそのような機能しかありませんが、現在、職業とサブクラスの組み合わせにより習得できる「複合スキル」を製作中です。

 例えば……
・侍―忍者の場合
「精神鳴鏡の剣」(精神力が高いほど威力の上がる刀技)
「瞬殺:妖怪ボーナス」(エネミーシンボルが妖怪の時瞬殺確率上昇)が習得可能
・武僧―法術士の場合
「浄爆の護呪」(武僧スキル「浄霊の護呪」の全体攻撃版)
「炎拳突き」(格闘/炎の双属性の攻撃)
・商人―祈祷師の場合
「加護投擲弾の装填・壱」(戦闘開始時に炎/雷/風属性を武器に付与する弾をカーゴの投擲砲から発射(1ターン持続))
「探索:レア装備出現率アップ」(ダンジョン内にレア装備が出現する確率が上昇)
・呪詛師―鷹匠の場合
「凶冠の鶏鳴・壱」(敵全体に暗闇/混乱/睡眠Lv1+50%)
「呪詛鷹招来」(精神属性攻撃をする不吉な鷹を召喚)

 という感じで。各職業が持つ特徴やスキルを組み合わせた感じのスキルになっているかと思います。これらは今の所決まっているスキルの一部で、最終的には300スキル……あるかないかぐらい出来るんじゃないでしょうか。

 職業の組み合わせであーでもないこーでもないと悩みつつ、ベストなPT構成を見つける、という楽しみもできるようになれば……と思います。複合スキルの実装はまだまだ時間がかかるので、気長にお待ち頂ければ……と思います。


 ニャルココのキャラクターは職業固定だけど、この複合スキルみたいな要素をどこかに入れたいなぁ……なんかいいアイディアないかしら。考えようそうしよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。