スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の予定など

03-27,2012

画面120327a

 と、いうわけでニャルココver.0.42が出ました。はい、遅くなりました。配布記事はいつものこちらから。0.42sパッチも出ているのでそちらもDLしてください。

 4月からはしばらくゲーム制作時間がほとんどとれないと思われます。バグを治すことはできると思いますが、新しい機能を追加するとかは無理そうですね。なのでこれからはニャルココの公式サイト作成と、冒険者募集のお知らせの再作成の作業を中心に。

 次回以降のバージョンでは、保留になってた素材エンチャントや新規冒険者をいれたいところ。あとは戦闘に参加していないパーティメンバーにも活躍が出来るように、VX版で導入していたカーゴシステムの復活を。
 戦闘に参加していない待機メンバーはカーゴ(輸送車)に乗って移動している、という設定で。カーゴに武装を取り付けることで後方支援砲撃をしたり、または支援スキルを使ってパーティを補助したり。カーゴに乗ってるメンバーは階段を降りるごとにHP/MP/TPが回復する、みたいな機能を追加できたり。回復機能は、ミフネやカスガイ先生のような、戦闘が得意ではないけど専用スキルでTPを貯めないといけない冒険者の方向けですね。戦闘に参加しない回復役の方とかにも。

 カーゴ系のスキルは成功率があって、待機メンバーが多いほど成功率にボーナスがつくとか。それなら8人でパーティ編成する意味も増しますし。冒険者によっては成功率に追加ボーナスがついてもいいでしょう。

 戦術ではなく戦略で戦う類の冒険者とかも登場する予定です。いつ完成するかはわかりませんが。
スポンサーサイト

これまでの探索結果をカウントして表示

03-24,2012

画面120324a

 今週の日曜を目処に、ニャルココの次のバージョンを公開予定。
 といっても、これまで記事にしてきた幾つかのシステムが実装されません、無理、それ終わるの待ってたら間に合わない。素材エンチャントも一旦保留。フレーバーテキストが埋まらないし埋めるのには更に時間が必要。

 ……といったこんなですが、土日でテストプレイを一通り終わらせて公開します。現在はそれに合わせていろいろとシステムを調整中。
 上のSSでは、冒険へ行く前にこれまでダンジョンで入手したアイテムなどの入手回数をカウントしたものを表示させてます。この画面の前にはこれまでに到達した最大階層数とか、ボスや強敵エネミーの撃破回数も表示されております。
 また、これらはダンジョンの種類によって別々にカウントされています。例えばフェアリーダンジョンで到達した階層や撃破数、入手数のカウントと、スケルトンダンジョンでのそれらのカウントは別々です。あっちのダンジョンは何百階層も探索してるけど、こっちのダンジョンは10階層しか探索してないよー、とかもわかるようになりますね。

 こんな風に冒険の記録が残ったりするのってちょっと面白いかなぁと思い、このシステムを作りました。今は記録する以上の機能はありませんが、イベントや特殊なボスの発生条件とかで使えるかもしれません。アニマルダンジョンを100階層目まで行ったプレイヤーだけ会いにいける特殊ボスとか、そんなノリのヤツを。

 楽しみにしている某所のスクリプトの正式版が公開されたら、もっとわかりやすいような表記にしたいと思います。今回のバージョンでは無理だとは思いますが。

素材エンチャントの表記変更

03-20,2012

画面120320a

 はい、というわけで前回の記事で話した素材エンチャントの件で、アイテム詳細画面に改変を加えました。上のSSがそれ。

 フレーバーテキストでの説明文だと非常に見辛くてよくわからんかったので、左側の装備品ステータス表示をいじりました。素材エンチャントにより*増幅*効果が出ている場合、"Lmaterial +(-)○○%"という表記が出るように。視覚的にもわかりやすいよう数字が水色だとプラス、赤色ならマイナスにもしてみた。当然、*増幅*効果の無いステータス値や、そもそも素材エンチャント自体がついてない装備にはこの表記はでません。

 一応、*増幅*という文字だけはフレーバーテキストの説明文に残しておきました。残す必要もなさそうだけど。説明文のスペースが浮いたので、素材エンチャントによって特殊な効果が出るようにしました。上のSSにある[布]だと魔法ダメージが1%下がる効果があり、また装飾品についた場合は睡眠耐性がつきます。とはいえ、素材や部位によってはマイナス効果がついたりもします。なお、武器に[布]がついても特に効果無いです。うん。


 次のバージョン公開はまだまだかかりそうです。エンチャントの追加などに時間をとられて、作者のテストプレイがさっぱり進んでないので。うーん、テストプレイのテストプレイ版という状態で公開でもいいのですが、それもなんだかなぁと。下手したらエラーが頻発しそうな状態で公開するのもなぁ。というわけで今しばらくお待ち下さい。

素材エンチャント

03-18,2012

画面120318

 ニャルココは現在、作者のテストプレイが始まっている段階です。
 スケルトンダンジョンやフェアリーダンジョンといった、初期出現装備やエネミーが変わるダンジョンのシステムを導入したのはなかなか正解だったと思います。初期出現物が変わるだけでゲーム展開も変わってきて面白い感じ。単調に感じていたゲームプレイにも新鮮味が出てきたかな。

 可愛い妖精がいっぱいでなかなか良い装備品が出てくるフェアリーダンジョンですが、妖精がわりと凶悪に強くて地獄だぜフゥーハハハといったところ。最短でボス階層へ行っても返り討ちにあうレベル。ダンジョンによって難易度はまちまちで、動物系のあつまるアニマルダンジョンはわりと楽かな。

 それはさておき。
 エンチャントの接頭語に*増幅*という効果を持つものを導入しました。上のSSがそれ。[石]とか[鉄]とか[水晶]という素材エンチャントです。*増幅*の効果は「その装備品のステータスを元に増加or減少させる」といったもの。なんのこっちゃ。
 上のSSを例にすると、[紙]は*増幅*+(最大MP15/物防-15/魔力15/魔防-15)%という効果。SSでは効果がわかりやすいよう、ステータスがオール100のテスト装備を使っていますが、*増幅*効果により最大MPと魔力が115、物防が85になっています(魔防は後述)。逆に、HPと攻撃力には何も変化がなく、100のままです。

 ……というのが、装備品のステータスを元に増加or減少させる、ということ。そしてこれは素材以外のエンチャント効果によって増減した装備品のステータス値にも影響します。上のSSでは"法王の"のエンチャントにより魔法防御が+10されて115になっていますが、[紙]は魔防-15%の*増幅*効果があるので94になってます。もしこれが魔防+15%の*増幅*効果だったら、132になってたハズ。もしも魔防+100%の素材だったら……驚く無かれ230に。

 なお、攻撃-50%の素材エンチャントがついたとしても、その装備品の攻撃力自体が0だったら0のままなので何も問題ないです。逆を言えば、攻撃+50%という良素材エンチャントがついた時も同様に0のままなので、素材エンチャントは基本性能のいい装備品や上級のエンチャントがついた装備につくと嬉しいですよっていうお話。

 いままでのエンチャントって、単純に攻撃力を2増やすとかそんなのばかりで味気なかったので、こういった要素を入れてみました。素材エンチャントは序盤だと効果がいまいち薄いですが、ダンジョンの奥深くへいくほどその効果が増していくかと思います。

エネミードット絵を作るの巻

03-17,2012

画面120317a

 エネミードット絵を作っていました。大体15体ぐらい……と思ったらちゃんと数えたら20越えてますね。ただ、ちびきゃらツクールやRTPや素材サイト様の改変物がほとんどで、1から作ったのもエネミー素材の配布サイト様の対応素材みたいな感じで作ったものですね。

 せっかくなのでドット絵の素材配布でも、と考えてましたが、他サイト様の改変素材や対応素材の配布に関する利用規約文が思い浮かばないので保留。徹夜で文章作る頭が回らないともいう。
 どうもこの手の改変物の配布になかなか踏み切れないのは別所でイラストサイトをやっている弊害なんだろうか。全部自分で描いたイラストなら責任は自分に回ってくるからいいのだけれど、改変素材の場合はそうもいかないわけで。その辺で及び腰になってる感はあります。まあ踏ん切りがついたら頑張るということで。

 さて、上のSSにもあるように、同じ種類のエネミーが何体かいます。服装の違うスケルトンとかね。以前の幾つかの記事であげたエネミー画像にもあるように、同じ種族にも複数の種類があるものがあります。剣で攻撃するスケルトンもいれば、弓を使うのもいる。魔法を使う者もいるさ。
 これらは、以前チラッと話した特定の種族名を冠したダンジョンが関係してます。スケルトンダンジョンだったらスケルトン系エネミーが最初から全種類登場、とかね。スケルトン系はエネミーランク1でもわりと強いので普通のダンジョンより難易度があがるものの、最初から刀や着物などの良い装備品が拾えたりします。フェアリーダンジョンだったらリュートが拾えますし、ゴーストダンジョンだったらサイズが拾えます。ビバ全体攻撃武器。

 以前話した合成システムが実現化すれば、特定のダンジョンで出やすい合成素材とかもできますね。エネミーや装備品などの出現設定が変わるだけで、同じダンジョン探索でも攻略法が大きく変わって面白くなるのでは、と思います。まだテストがまだなのでどうなるかはわかりませんが。


 あ、それとツクールwebにてRPGツクールVX Ace Ver.1.01aアップデートが公開されてます。第9地区というエビ映画放送日にアップデートするエビことエンターブレインさんかわいいよ。
 いろいろと目立ったバグが修正されているので未導入のかたは是非。

公式サイト近日公開

03-15,2012

タイトル

 こんなイメージで、ニャルココ村のダンジョン(建設中)公式サイトを近日公開します。その関係で三月頭ぐらいからHTML5とCSS3を勉強中。昔のHTMLとは違ってだいぶ作りやすくなっていますね。CSS3の新機能も面白いものが多くて素敵。

 さて、現在DL出来なくなってるゲームの制作自体はあまり進展せず。サイト制作に時間がとられている……というわけではなく、むしろサイト制作は1日で骨組みまで一気に作れるぐらいの速さでいけました。昔はホームページ作成をよくやっていたので、杵柄物です。
 問題はリアルがいろいろと忙しすぎてヤバイこと。それの心配事も多くてなかなか手が回せないこと。時期が時期だけに仕方ないことはあるのですが。うーむ、体が二つ以上欲しい。


 上げられるとしても、予定している幾つかの機能の実装を見送りしたバージョンを上げることになりそう。合成とか天候とか、検証が大変そうなものがいろいろとあるので。

まだまだエネミーを改変する

03-09,2012

画面120309a

 夕食後にガッツリ寝てしまったので夜間にエネミー改変をしてたら四時過ぎていたという。明日ちゃんと朝起きれるのだろうか。ううむ。

 上のSSの左から、騎士。盾とランス装備。その次の、エルダースライムの騎士を作る過程でできたものです。冒険者のクリースもそうなように、エルダースライムには騎士の家系が結構多いです。歴史的理由があるのだけれどここで書く事でもなし。
 次、妖精。これで四人目かな。水の精霊からいろいろハブいて髪の毛つけたような感じ。そしてアホ毛。
 次、ガーゴイル。種族は魔人。ニャルココのゲーム世界では人間はもちろん、亜人や魔人は服を着ているので、服を着せました。全裸で出歩いてたら膝に矢とか受けてそうな衛兵に連れて行かれるから仕方ないね。肉体を持たないゴーストやスケルトン種族らは全裸で歩いても特に問題ないから不平等。
このガーゴイルはやけにチャラ男なのでアクセサリーとかジャラジャラです。魔界で一番オシャレにうるさいのが彼らの種族なのでしょう。
 最後、リザートマン。ニャルココ世界では砂蜥蜴人と呼ばれる砂漠仕様なリザートマン。リザートというよりはデザートですかね。他にも陸・山・海の蜥蜴人がいるのでそれらもエネミー改変絵を作ります。


 あと、ブログのデザインを変えました。以前のはノートの線みたいなのが邪魔で読みづらかったので、ピクシブの自分のページのような配色にしてみました。余裕ができたらTOP画像とか作りますかね。あくまで余裕ができたら。
 以前話してた、エネミー改変絵の素材配布もいっそ始めてみるかぬぅ。色差分無しでいいのなら。和風素材と他サイト様改変絵は無しでいいのなら。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。